須賀川市の中学生による模擬議会の記事が新聞に載っておりました、私も4年前の議運の委員長の時に県議会の高校生の模擬議会を提案しましたが却下でした。

18歳から選挙権も施行される中、高校生の時からいろいろ経験することにより社会や地域について関心を持つようになると思います。このようなことに挑戦する議会、社会づくりも大切です。

須賀川市は特撮アーカイブ施設を作ったり、若者の大切に育ててくれる姿勢に感動です。今年は2月2日が節分ですが今日は保育園の0歳児のクラスで豆まきの遊びをしておりました。子どもの姿は何をしても私たち大人に感動とパワーを与えてくれますね。