今日は佐賀県で働き方改革やテレワークの活用について調査後、大分県立看護科学大学を調査いたしました。

看護を学術的科学的に捉え、学生に伝えるとともに、地域の高齢者80人に対しそれぞれ1年生から4年生まで授業の一環とし必須で授業に組み込む中で、病院や介護施設に入る前の日常を知ることに入り、高齢者の生活そのものの実態を知ることが病時から日常に戻るための参考になるとのことで、私達にとっても大変意義深い調査でした。