きょう28日、自民党郡山総支部と福島県第二選挙区支部の総会がありました。

政策を実行する自民党ですが、今いろいろ国会で混乱していることが多く、また近隣諸国の情勢が刻々と変わる中、日本としてのあり方、自民党としての在り方が問われている時です。

今年の10月には福島県の今後を決める大切な知事選もあり、50年後の福島の未来に向け今こそ次世代の子ども達のためにもどの政党の政治家も襟を正し覚悟を持って臨んで行って欲しいものです。