3月19日は総括審査で、私は「福島の未来について」、「仕事づくりと産業振興について」、「すべての人が活躍できる働きやすい環境づくりについて」、「意欲を高める人づくり教育について」、「心のケアーが必要な人への支援について」、「地域づくりについて」、31問について質問いたしました。

知事に対しては17年前に福島県に来ていまは知事として、さらにこれからの福島に対しどの様な思いで県政を運営して行くのか。郡山にある県有地の農業試験場の跡地について今後5年後の利活用について早々に県としての考えを提案すべきなど質問しました。私は県政全般に対し思いが強く時間が足りないくらいでした。

※新聞記事は3月20日の福島民友です。