昨晩のパラリンピック水泳の富田宇宙さん33歳は高校2年生のとき、視覚障害者になり宇宙飛行士を夢見ていたが断念し途方に暮れていた中、小さい時に習っていた水泳を通し今回、パラリンピック水泳に初めて参加し銀メダルに輝きました。

富田選手は「認め合う社会」を目指し多くの場で講演などを通し、障害がある人も無い人も色々なカラフルを「真に認め合う社会」を作りたいと願っております。今回のパラリンピックを通し、私たち大人も、子供たちも、若者も多くのことを学んで居る事と思います。

今日は9月21日から始まる9月議会に向けての政調会でした。コロナウイルス対策費用などそれぞれの部長から提出され、質疑応答が交わされました。この所はいわき市、郡山市、福島市も蔓延防止充填措置対象その他の福島県独自の集中対策が実施され9月12日まで延長されます。一向に減らないコロナウイルス感染者ですが皆こころが萎えているだけにいろいろ自分が癒やされる何かを見つけ、この難局を乗り越えて行きましょう。