今日5月8日は、震災原発事故以降5年間にわたって富山県の女性局の皆さんが自民党福島県連にチューリップの球根千球を毎年プレゼントしてくださいます。

今年も頂いて昨年12月初めに各幼稚園に植えていただいていたのですが、コロナウイルスの関係で幼稚園が休園。花も咲ききってしまうので延長保育で来ている子のみで写真を撮らざるを得ない状況でした。

早速富山県にお礼の写真を送りたいと思います。また、チャイルドハウスの隣の富田西小学校では、本来5月6日まで休校でしたが県の要請で学校再開が遅れたため、今日は朝7時半から夕方6時半まで保護者の方に子ども達がこれから学校再開延長になった分としてドリルやマスクを配布するため先生方が手分けして保護者に渡しておりました。

保護者の仕事を考え、時間も大幅に調整しての速やかな対応に頭が下がります。子ども達はできるだけ早く登校し、三蜜を避けながらも友と共に学びふれあいをさせて欲しいと私は思います。隣の私の保育園の木々たちも5月の青空に輝いておりました。