なんと愛らしいくまモン!

熊本県民すべての人が愛して止まないくまモンは熊本県庁の知事室の中に「くまモングループ」として位置づけられております。くまモンの赤いほっぺは熊本の象徴である赤牛、トマト、スイカ赤海老、阿蘇山の噴火、赤鳥と熊本の象徴である赤の農産物をイメージした農産物の振興のために始まったようですがその戦略のうまさに脱帽です。

熊本はおてもやんや仙波山のたぬき伝説など、考えると笑いやジョークが好きな県民だからこのようなくまモンが生まれたのだろうと思うと素晴らしい県民性に福島も学びが多くあると思いました。さあ福島県、どのような戦略で風評払拭をして行くべきか...考えましょう。