「美しい自然」・「女性」と「子ども」の声を政策に生かす「長尾トモ子」です

ごあいさつ

皆様にお支えを頂き、平成17年から県会議員として働かせて頂き、日々「心豊かな社会づくり」のために活動しております。特に私が議員として「子育て支援」「青少年健全育成」「環境活動」「地域づくり」支援をして参りました。

しかし、平成23年3月11日の東日本大震災さらに東京電力第一発電所の事故により放射能拡散により未曾有の災害を受けた福島県民は生活環境、健康面などまだまだ不安な毎日を過さなければなりません。

特に子ども達の健康を心配し県外に避難している母子、住み慣れた家を離れ生活しなければならない人々に対し私達議員につきつけられた課題は多くあります。

美しい福島の自然、心豊かな社会を取り戻すためにも「長尾トモ子」はしっかりと取り組んで参りますので御指導とお力添えを宜しくお願い申し上げます

トモ子の日記

寛勝亭、ジャポニズム展

今日も公務のため県庁に行きました。それぞれに4月からの移動も控え慌ただしさを感じます。又、4月からの新学期を控えコロナウイルス対策などいろいろ決定事項もあり神経も休まらないところもあるようです。 ところで会津若松にある1 …

2月議会が閉会

2月議会も昨日35日間の審議を終え閉会いたしました。台風19号の被害対策をしていた矢先に、今度はコロナウイルス対策と、県としても次々に迅速な対応が迫られる中、知事当局、議長と共に副議長として日々緊張感を持って走って参りま …

東京オリンピックの聖火

いよいよ東京オリンピックの聖火がギリシャから日本の福島県Jビレッジに運ばれてきます。 福島県の南相馬の太田議長の母校でもある小学校の子ども達の絵をイメージしてできたというトーチをテレビで見た時に、先日県庁でトーチを見てい …

PAGETOP