「美しい自然」・「女性」と「子ども」の声を政策に生かす「長尾トモ子」です

ごあいさつ

皆様にお支えを頂き、平成17年から県会議員として働かせて頂き、日々「心豊かな社会づくり」のために活動しております。特に私が議員として「子育て支援」「青少年健全育成」「環境活動」「地域づくり」支援をして参りました。

しかし、平成23年3月11日の東日本大震災さらに東京電力第一発電所の事故により放射能拡散により未曾有の災害を受けた福島県民は生活環境、健康面などまだまだ不安な毎日を過さなければなりません。

特に子ども達の健康を心配し県外に避難している母子、住み慣れた家を離れ生活しなければならない人々に対し私達議員につきつけられた課題は多くあります。

美しい福島の自然、心豊かな社会を取り戻すためにも「長尾トモ子」はしっかりと取り組んで参りますので御指導とお力添えを宜しくお願い申し上げます

トモ子の日記

誕生日に添えて!!

皆様、たくさんの誕生日メッセージをありがとうございました。お盆の最中、8月15日は終戦記念日であり、マリア様の昇天の日と言われております。 何れにしても再生創造の日であり人に慈愛を持って生きて行く日であることは間違いない …

ベラルーシ派遣団

私たちの団体は、40人がベラルーシ大統領からの招待で、後の20人はこのゲームストリートから支援を頂いております。(他の宮城県、福島県の子ども達は全てこのゲームストリームの招待です) 2015年の4月に、私が事前調査のため …

郡山発、ベラルーシへ(8月1日、福島民報)

一般社団法人「福島の子どもの未来を考える会」のベラルーシ派遣団は1日、現地に向けて出発した。 派遣団は長尾トモ子理事長を団長に県内の中高生50人と引率者で構成している。

PAGETOP